殿村悠吾 公式ブログ 毎日更新

1日1個、ありとあらゆることについて書きます! 5分で読めて人生を豊かにできるブログ!

大学に行くべき人とは

From: 殿村 悠吾

 

 

突然ですが、あなたは大学に行く価値はあると思いますか??

 

僕は、その答えはイエスであり、ノーでもあると思います。

 

理由をお話ししましょう。

 

例えば、将来は絶対に弁護士になるぞ、と考えている人は法学部に行きますよね。

 

また、絶対に医者になりたい、そう思う人は恐らく医学部に行くでしょう。

 

そういった将来の仕事をきちんと見据えた人にとっては、大学という場所はこの上ない存在でしょう。

 

その道のスペシャリストである大学教授の授業を受けることは天国ですよね。

 

ここで、1つ考えて欲しいことがあります。

 

果たして、大学生全員がそうなのか?

 

いいえ、全く違います。

 

様々な大学のパンフレットを見ればそれが事実であることが分かります。

 

このように、専攻した学部とは全く関係のない会社に就職するような学生は大学に行く必要は全くありません。

 

500万円近くの大金をドブに捨てるようなものです。

(専攻を勉強するのに費やした貴重な時間とともに)

 

いずれ使うだろう、なんて考えは捨てた方が良いと思います。

 

様々な社会人の方に聞いたことなのですが、大学生が社会から評価される1番のポイントは「目に見える結果として何を持っているのか」のようです。

 

大学に進学する前の多くの高校生は受験に成功することをゴールとして考えていますね。

 

実際この僕がそうでした。

 

そして大学1、2年生も有り余る時間でバイトなどで時間を浪費しています。

(バイトについてはまたの機会にお話しします)

 

そうなるとどのような人間ができあがるのか考えたことがありますか?

 

それは恐らく、大学で学んだ専攻とは違う業種に就職し、スキルが無いために独立しようとしてもできず、何者にもなれないまま人生を過ごす人間です。

 

結局のところ、大学とは以下に示す人が通う場所なんです。

・莫大な時間を費やし、本気で専門的な勉強をしたい人

・抜群のコミュニケーション力を生かし幅広い人脈を身に付ける人、など。

 

しかしそのような優秀な学生は全体の0.5割にも満たないと思います。

 

ほとんどの学生は「大学生」になっておけば就職できるという考えで、とりあえず単位は取っておくなどといったことに終始しています。

 

それはまだマシで、「大学生なら遊べ!!」のような考えを持つどうしようもない人もいるのです。

 

「とりあえず大学生になっとけば人生大丈夫!!」といった社会の風潮が大学生活をムダなものにしています。

 

大学はビジネスであり、顧客(=学生)と富(=学費)を重要視していると考えなければいけません。

 

つまりは、意識を高く持ち、人生設計を長いタイムスパンでしよう、ということです。

 

 

PS.

こういう僕は、様々な事情があって興味さえない学科に来てしまった。(いつかこの話もしようと思う)        

じゃあなんで学生生活続けてんのよ、て思うよね。

 

それもいくつか理由があるんだけど、主な2つを言おう。(専攻の勉強が楽しかったなんて言わない)

1つ目が、思った以上に、この大学1年生の時点でたくさんの人脈を作ることができたこと。(これは僕にとってはかなり大きい)

2つ目が、学校の設備がなかなか良いこと。

 

他にも理由はあるが長くなってしまう。

 

独立できる状態になることは僕の中での大切な目標だ。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

明日も更新致します。