殿村悠吾 公式ブログ 毎日更新

1日1個、ありとあらゆることについて書きます! 5分で読めて人生を豊かにできるブログ!

勉強のモチベーションを上げる秘訣

From: 殿村 悠吾

 

 

僕は、今から話すことを知ったことにより、ここ2年くらいの勉強へのモチベーションを上げることができました。

 

まず、収入には2種類あることはご存知ですか?

 

 1つ目は労働収入、2つ目は資産収入です。

 

 1つ目の労働収入は、働いた時間あたりによる報酬のことです。

 

アルバイトはもちろんのこと、公務員、医者やパイロットだって同じです。

 

働かなければ1円も入ってこないという特徴があります。

 

 2つ目は、システムを作り上げるということなのですが、よく意味が分からないでしょう。

 

そこで、その2つをとてもわかりやすく、理解しやすいストーリーがあるので紹介しますね。

 

タイトルは「水がない村に住む2人の青年」とでもしておきます。

 

その2人は毎日ある仕事をしていました。

 

それは水のない自分たちの村に、水がある隣の村からバケツで運んでくるというものです。

 

 2人とも熱心で情熱を持っていました。

 

はじめは2人とも同じバケツを持って村を往復し、水を売って報酬を得ていました。

 

そこで青年Aは、もっと収入を得るために、さらに大きなバケツを使って水を運んでくることを決めました。

 

その結果、青年Aの収入はさらに増えました。

 

ですが、青年Bはその方法で収入を増やそうとはしませんでした。

 

青年Bは、今まで稼いできた全てのお金を費やして村と村とのパイプラインを作ることにしました。

 

パイプラインを作るのには時間がかかる上、収入もゼロです。

 

様々な人の批判に耐えながら、、、数年後ついに完成しました。

 

それによって青年Bは、寝てる間や遊んでいる間でさえもたくさんの収入が入ってくるようになりました。

 

一方の青年Aは、長年にわたり大きなバケツを使い続けてしまったために、体を悪くし最終的には収入はゼロとなりました。

 

以上がストーリーです。

 

大きなバケツを使い続けた青年Aが労働収入。

 

パイプラインを反対され続けながらも、作り上げた青年Bが資産収入です。

 

とても分かりやすかったのではないでしょうか??

 

確かに家で超マジメな本や教材を、ずっと読んだり勉強したりしても収入はゼロです。

 

同じ時間を使うのであればアルバイトなどをしていた方が簡単ですし、収入はすぐに入ってきます。

(と、思っている人が多いでしょう)

 

ですが、パイプラインを作り上げた青年Bのように、同じ時間を使うなら将来に投資することも1つの手ではあると思います。

 

病気やケガで収入がなくなることも考えられますからね。

 

どちらを選ぶのかは、もちろん個人の自由です。

 

この2種類の収入があることを知り、僕は勉強に対するモチベーションが上がりました。

 

皆さんも、この考えを知っておくだけでも僕のように行動が変わるかもしれません。

 

 

PS.

アメリカ人の誰かが、The more you learn,the more you earn.(勉強すればするほど収入は増える)と言っていましたが、まさにその通りだと思います。

 

PPS.

今度また話しますが、今ほとんどの人がやっているアルバイトは将来にとって、本当に全く完全に無意味だと思っています。

だから、僕も知り合いの手伝いくらいしかやっていません。

将来のために投資する時間を、少しでも費やすことを考えてみてはどうですか?

 

明日もお楽しみに!