殿村悠吾 公式ブログ 毎日更新

1日1個、ありとあらゆることについて書きます! 5分で読めて人生を豊かにできるブログ!

I can't speak English.

From: 殿村 悠吾

 

 

今日のタイトルは「 I can't speak English.」つまり、

 

「私は英語が話せません。」なのですが、

  

これってめちゃくちゃおかしいですよね!!

 

 

だってあなた、英語話せてるじゃないですか!!!

 

(外国人が「ワターシ、ニホンゴ、ハナセマセーン」と言うのと同じです)

 

f:id:t_yugo:20170223235724j:image

 

ということで、今日は英語に関する重要な話をしようと思います。

 

英語を話すことに興味のない人はこの先を読まないでください!

 

今日の記事であなたの英語に対する考えを少しでも変えられたら嬉しいです。

 

 

 

僕が最初に言いたいのは、普通に教育を受けてきた人ならば、

 

絶対に英語を話すことができるということです。

 

これを聞いて、「いや、話せない。」と思う人がいるかもしれません。

 

ですが、それは英語が話せないと自分で思い込んでいるだけなんです。

 

つまり、、、

 

英語を話すための心の準備ができていないのです!

 

その心の準備というのは2つあります。

 

詳しく説明していきましょう。

 

 

[⒈対人恐怖症 ]

 

あなたは、知らない人と気楽に会話することができますか?

あなたは、飛行機で隣に座った人と何時間も話すことができますか?

あなたは、歩いてる人に「今日もいい天気だね!」と話しかけることができますか?

 

多分できないでしょう。

 

僕もできません(笑)

 

 

日本人の99%は、自分以外の人をできるだけ避けたいと思っています。

 

これを対人恐怖症と言います。

 

そもそも日本人が対人恐怖症だから、英語を話すことができないのは当然なんです。

 

ですから、人を避けたり、逃げたりしないことを心がけるだけでも英語を話せるようになるでしょう。

 

対人恐怖症を治しましょう!

 

 

とは言っても、

 

対人恐怖症になってしまう原因を知らなければ、それは無理があると思います。

 

なぜ、対人恐怖症になってしまうのでしょうか?

 

 

それは、日本人が「人の目」を気にしているからなんです!

 

「自分は陰で何かを言われているのではないか」

「こんなことをしたら周りから笑われてしまう」

「人から後ろ指をさされているのではないか」

 

そんな思い込みがあるから、困っている人をなかなか助けづらいのです。

 

同じように考えると、

 

街中で外国人にカタコトな英語で道案内なんてとてもできないのです!!

 

 

また、日本には「人の悪口、陰口を言う人が多い」というダメな文化(?)があります。

 

ですから、自分から悪口や陰口を言わないようにし、

 

悪口や陰口を言うような人とは距離を置きましょう。

 

そうすれば、対人恐怖症は和らいでくるはずです。

 

 

以上が英語を話すための心の準備、1つ目です。

 

では2つ目にいきましょう。

 

 

[⒉白人崇拝病]

 

あなたは、おかしいと思ったことはありませんか?

 

ブランド製品のイメージ広告、車(特にマツダ)のCM、、、

 

その他多数の広告のモデルが白人であることを!

 

 

自国民を広告のモデルにしないのは日本だけなんです。

 

(中国は中国人、アフリカなら黒人、北欧なら白人です)

 

また、起用される日本人モデルでも、白人に似ているような人が多い気がしませんか?

 

 

私たち日本人は、白人の方が美しくてカッコいいと誤解しています。

 

この白人崇拝病という「病気」のせいで、英語を話せません。

 

例えば、白人でなくても、自分が尊敬している人と話す機会があるとしましょう。

 

彼らと話す時は絶対に緊張してしまいますよね?

 

 

この病気を治すためには、「自分は世界一の人間だ」と本気で思いましょう。

 

(実際これは事実なのですが。)

 

世界一の人間だというのに、日本人は黒色の髪を金髪や茶髪にしてしまうのです!

 

想像してみてください。

 

金髪を真っ黒に染めていて、イギリスの文化を全く知らないイギリス人と友達になりたいですか?

 

なりたくないですよね!

 

ですから、自国(=日本)には誇りを持ち、歴史や食文化のことをきちんと知っておく必要があります。

 

本気で日本に誇りを持ち、白人と対等に話すことができるならば英語は話せます。

 

 

そして、白人と話すときに「英語を話させていただきます」という弱気な態度ではなく、

 

「しょうがないから英語を話してやるよ」といった上から目線の態度で話しかければ、

 

英語は話せます。

 

だって自分より立場が下の人には、話しかけやすいでしょう!

 

 

 

以上の対人恐怖症、白人崇拝病を治せば、

 

英語は少しは話せるようになるでしょう。

 

今後もしも使う機会があれば、使ってみてください。

 

 

PS.

「1日1回、知らない人に挨拶する」

これで対人恐怖症は治っていくでしょう。

 

PPS.

これからも英語を話すためのマインドセットは話すつもりです。

 

 

明日も楽しみに!