読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

殿村悠吾 公式ブログ 毎日更新

1日1個、ありとあらゆることについて書きます! 5分で読めて人生を豊かにできるブログ!

日本のテレビ番組の酷さ

From: 殿村 悠吾

 

 

僕は、日本のテレビ番組が究極だと言っても過言ではないくらい大嫌いです。

 

理由はいくつかあります。

 

主な理由はつまらない上、不快だからです。

 

(始業式の校長先生のお話を聞くほうが、よほど楽しいです!)

  

「じゃあ見るなよ。」

 

このように言われそうですね。

 

ですが、安心してください。見ていません。

 

こんな僕でも温泉に行く時や、他人がテレビをつけている時はついつい耳に入ってきてしまいます。

 

新聞の裏表紙には何らかの表がついていますしね。

 

f:id:t_yugo:20170302211911j:image

(これこれ!)

 

 

・なぜ「酷い」と思うのか

僕は、上でテレビが嫌いな理由が「つまらない」からだと述べました。

 

「つまらない」という批判だけで僕がブログを書くわけがありません。

 

「つまらない」にはきちんとした原因があります。

 

 

僕が、特に「つまらない」と思うのが、日本礼賛番組です。

 

嫌々ながら調べたのですが、例えば次のようなテレビ番組です。

 

「世界が驚いたニッポン!スゴーイデスネ!!視〇団」「〇さんのニッポンの出番」などです。

 

そもそもこのような恥さらしの番組が生まれたのも、

 

日本人が「人の目」を気にしているからです。

 

海外(特に白人)からどう思われているのかが、気になってしょうがないのでしょう!

 

(以前話した、白人崇拝病ってやつです。)

 

 

知らない人もいるかもしれないのですが、外国には、

 

「外国人が日本を褒めると本が売れる」という風潮があります。

 

そういう点で、日本人は完全にカモにされています。

 

 

さて、

 

当然、それらの礼賛番組のスタッフは日本人なわけです。

 

日本人が外国人(特に白人)を雇って、日本を賞賛させています。

 

まさに「酷い」と思うのはそこなのです!

 

日本にとって都合の良いことしか言わせません。

 

なぜ批判されるシーンを放送しないのか、ということです。

 

 

・日本の「2016年度 報道の自由度ランキング」が72位である理由

このような褒めるように仕向け、「褒められる」場面だけを取り入れるような番組は、

 

はっきり言って、北朝鮮の国営メディアと同じです。

 

北朝鮮のメディアは、厳しく管理されており、

 

正しい情報かも分からないような情報を提供しています。

 

 

日本は「報道の自由度ランキング」が2016年度は72位なのです。

 

 あのアフリカの数ヶ国よりも、順位が下なのです。

 

これは日本礼賛番組が 1つの原因だと言っても間違いないでしょう。

 

日本に不利な情報が放送されないのですから!

 

 

しかも、数多くのテレビ番組がこぞって日本礼賛番組を放送しています。

 

これは実に奇妙なことです。

 

日本人を何かに誘導しているとしか思えません!

 

戦争でも始まるのですかね(笑)

 

みなさんも、あのような酷い番組に洗脳されないようにお気をつけください。

 

 

PS.

実際スゴいのはニッポン、ではなく少数の技術者です。

 

そこを勘違いしてはいけません。

 

 

PPS.

今日もニュースをネットで見ていたら厚切りジェイソンという芸能人が、日本礼賛についての彼の考えを批判されていました。

 

日本に都合の良いことしか話してはいけないのです!

 

 

PPPS.

あえて言えば、礼賛番組にも改良する余地はあると思います。

 

どうせ日本が作ったものを「褒めさせる」というスタンスは変わらないのでしょうが、

 

「このようにすればもっと良くなる」的な外国人の発言も取り入れるべきでしょう!

 

 

明日もお楽しみに!